Materials

材料アプリケーションノート

弊社の材料アプリケーションノートで複合材料に関する微細構造検査分析の迅速かつ正確な実施方法をご覧ください。

各アプリケーションノートでは、以下の内容を把握できます:

  • 正確で再現可能な微細構造検査用試料作製の実施方法
  • 微細構造検査固有の課題の克服方法
  • 構造的な顕微鏡検査分析の実施と解釈の方法

Stainless steel

ステンレス鋼の金属組織学試料作製

ステンレス鋼はその耐食性、優秀な表面仕上げによって、航空機、化学、医学、食品の各産業、調理場、建築、さらには宝石において主要な役割を果たしています。 ステンレス鋼は金属組織学試料作製時に機械的変形と擦り傷を受けやすく、再現可能な結果を確保するために固有の試料作製方法が必要です。

  • ステンレス鋼に対する金属組織学の実施方法を知ってください

Titanium

チタンの金属組織学試料作製

チタンは比較的新しく、高価な金属です。 ただし、チタンとその合金は高い比強度、優れた耐食性、耐熱性によって工学材料として高い評価を確立しています。 チタンは安全性が不可欠な宇宙、航空宇宙産業、航空機、化学、医療産業で広く使用されます。 したがって、チタン生産と加工の品質管理は極めて重要です。

  • チタンに対する金属組織学の実施方法を知ってください

Grain

金属結晶粒組織とその顕微鏡分析

金属材料は結晶粒組織として知られる内部構造に加え、幅広いその他の化学的、物理的な各特性によって評価されます。 通常、結晶粒組織は材料の技術応用に適合され、従来の光学顕微鏡で観察することができます。 どのようにして最適な顕微鏡検査分析用の試料を作製し、その結果を解釈できるのでしょうか?

  • 結晶粒組織の金属組織学顕微鏡分析の詳細を知ってください

Aluminum

アルミニウムとアルミニウム合金の金属組織学試料作製

低密度、高強度、耐食性のアルミニウムは、自動車、航空機、宇宙、包装、その他の産業における多くの応用に最適な材料です。 金属組織学は品質管理において材料の結晶粒度を判定し、相、不純物、機械的な欠陥を評価するために利用されます。

  • アルミニウムとアルミニウム合金に対する金属組織学の実施方法を知ってください

Copper

銅と銅合金の金属組織検査用の試料作製

純銅はその優れた成形性、高い導電性と熱伝導性、耐食性により、主に電気工学、食品・飲料などの産業において使用されています。 銅と銅合金の金属組織検査は、品質管理において純度の確認と結晶粒サイズの判定に主に使用されている一方、鋳造合金は合金の一般的な構造評価のために検査されます。

  • 銅と銅合金に対する金属組織検査の実施方法を知ってください

Cast iron

鋳鉄の金属組織学試料作製

鋳鉄という用語は、2.5-4.0 %の炭素と一般的に1.0-3.0 %のシリコンを含有する鉄炭素シリコン合金を意味します。 鋳鉄は、主に優れた可鍛性、機械加工性、中程度の機械的特性など多数の長所を持つ重要な工学金属です。

  • 鋳鉄に対する金属組織学の実施方法を知ってください

Fastener

留め具の金属組織学試料作製

ネジなどの留め具の金属組織学的試料作製には、形状などの固有の課題があります。 通常、留め具は中央で切断される必要があり、試料の確実な固定が課題になる場合があります。 また、ネジ山と頭の湾曲が、埋込み用樹脂の選択的な収縮をもたらす場合があります。 このことは特にコーティング材料上で問題になります。その理由は端部が良好に保持されていない場合、適切にコーティングを検査できないためです。

  • 留め具に対する金属組織学の実施方法を知ってください

Powder

粉末冶金部品の金属組織試料作製

粉末冶金技術は、金属部品の製造において重要な方法です。 圧縮され、焼結された部品の密度はその強度、延性、硬さに影響を及ぼします。 そのため、多孔性の金属組織学的管理は、多くの産業における品質管理の不可欠な部分です。 粉末冶金部品の正確な構造を知るには、研磨工程間の顕微鏡検査を含む、徹底的な試料作製方法が必要です。

  • 粉末冶金部品に対する金属組織学の実施方法を知ってください

Microelectronics

マイクロエレクトロニクスの微細構造検査用試料作製

電子機器の小型化は、集積回路と超小型電子部品に基づいた部品の開発によって可能になりました。 微細構造検査は多くの産業におけるこうした部品の設計、開発、不具合分析において極めて重要な役割を果たしています。 また、微細構造検査は生産時にも利用されます。 部品は非常に小さいため、特殊な微細構造検査用試料作製法と装置が必要です。

  • マイクロエレクトロニクスに対する微細構造検査の実施方法を知ってください

Zinc

亜鉛コーティングの金属組織学試料作製

金属亜鉛は鋳鉄、軟鋼、低合金鋼の腐食保護に使用されます。 亜鉛めっき製品の金属組織学には、コーティング厚の測定、微細構造分析、素地への付着性の確認、不具合分析が含まれます。 亜鉛コーティングは亜鉛めっきの方法に応じて、金属組織学試料作製時に異なる挙動を示すため、正しい方法を選択することが不可欠です。

  • 亜鉛コーティングに対する金属組織学の実施方法を知ってください

Thermal spray

溶射コーティングの微細構造検査用試料作製

熱溶射コーティングは、材料に固有の表面品質や耐食性、耐熱性、耐摩耗性などの機能を付与するために広く使用されています。 溶射コーティングの微細構造検査には、多孔性、酸化物、未溶融粒子、基質に対する付着性の評価が含まれます。

  • 熱溶射コーティングに対する微細構造検査の実施方法を知ってください

Tool steel

高合金工具鋼の微細構造検査用試料作製

高合金工具鋼には固有の機械的、物理的、冶金学上の各特性を含む非常に清浄な材料の生産が必要です。 金属組織学検査は、最初の鋳造段階から最終的な熱処理された製品まで製造と熱処理工程の管理に不可欠な手段です。

  • 高合金工具鋼に対する金属組織学の実施方法を知ってください

メタログラム

メタログラム

どのようにして最適な試料作製方法を選択できるのでしょうか? 最適な試料作製方法は材料の硬さ、延性から実施する分析の種類まで、多数の要素に依存します。

ストルアスメタログラムは、材料の硬さと延性に基づいた材料の試料作製の正確な方法を提供します。

研磨と琢磨セクションで詳細をご覧ください
スペシャリストの紹介

アプリケーションスペシャリストの紹介

多様な産業における長年の経験を備えたStruersアプリケーションスペシャリストが、世界各国の弊社顧客に品質管理、不具合分析、生産性をそれぞれ向上させるための新たな機会を発見することを可能にしています。お客さまは、新たなアプリケーションと方法の開発および伝達にあたって、弊社のアプリケーションスペシャリストに頼ることができ、進化する要求に応えられるよう支援を受けられます。

  • 9カ国で対応する27人のアプリケーションスペシャリスト
  • 学問的に最高水準の理論的知識
  • 実践的なハンズオントレーニングに関する専門知識
  • 知識共有に対する献身的な取り組み
  • 常時、サポートを利用可能

アプリケーションスペシャリストのご紹介